特長6 ホームページに訪問されたお客様を誘導するメニュー

ネット お客様を誘導するナビゲーションメニューの充実

【あどばるHP】サービスでは、ホームページにアクセスしたお客様を確実に目的のコンテンツに誘導するための「メニュー機能」に力を入れています。

ネット メニューの必要性

個人ブログは、個人の日記ツールとして使われます。毎日の日記を日付順に読むだけですから、個人ブログの場合はメニューはそれほど重視されません。

しかしながらビジネスブログでは、お客様を適切なコンテンツに誘導するためのメニューが重要になります。

お客様を誘導する という意味で、ナビゲーションメニューという言い方をされることもありますが、企業のホームページを商売に繋げるためには、お客様が知りたい情報に簡単にアクセスできるように、わかりやすい「メニュー」を用意することが重要です。

分かりやすいメニューがないと、いくら素晴らしい情報をホームページに掲載しても、お客様はどこにその情報があるのか分かりません。お勧め商品があったとしても、そのお勧め情報がどのページに書いてあるのか、お客様は見つけることができないのです。

ネット  【あどばるHP】のメニュー機能

我々は、企業むけのホームページサービスとして、この「分かりやすいメニュー」の機能が不可欠だと考えております。そして中小企業様が簡単に「メニュー」をホームページに付け加えられるように様々な工夫をしております。

まず、【あどばるHP】では下記の3カ所にメニューを用意致しました。

  • ヘッダーメニュー : ページ上部のメニュー
  • サイドメニュー  : ページの左あるいは右側のメニュー
  • フッターメニュー : ページ最下部のフッターのメニュー

また、サイドメニューに関しては、コンテンツの内容に合わせて

  • 第1階層
  • 第2階層

といった階層構造も利用可能です。

ヘッダーメニュー detail_sample_header.jpg

上記は、「ヘッダーメニュー」のサンプルですが、このようにヘッダー画像の下にお客様を誘導したいメニューを配置することができます。

サイドメニュー detail_sample_side.jpg

一方右記は、「サイドメニュー」のサンプルです。

このように、通常のホームページと見分けがつかないサイドメニューが簡単に設置できます。こうしたサイドメニューを用意することで、お客様を狙ったコンテンツへと確実に誘導できるのです。

しかもこのメニューは階層化することができます。

コンテンツが20〜30くらいに増えてくれると、メニューが一階層しかないと、お客様が必要なコンテンツを見つけにくくなります。そうした場合は右記のように、5〜6ヶ単位でメニューをグルーピングして、お客様が簡単にコンテンツを見つけられるようにしましょう。

 

 

 

  フッターメニュー detail_sample_footer.jpg

そして上記が「フッターメニュー」のサンプルです。

お客様がコンテンツを読み終わってページの下までスクロールた後、次のコンテンツに移動するために、わざわざ一番上のメニューまで移動するのは大変です。でもフッターメニューがあれば、すぐに次のメニューに移動できますから、お客様をスムーズに次コンテンツに誘導できるのです。

弊社の【あどばるHP】を利用いただければ、こうした分かりやすい「メニュー」を設定いたします。

 

ネット 納品後は御社でもメニューの追加・更新が可能です

ブログが完成して御社に納品された後は、御社自身の手で自由にメニューの追加や修正が行えます。

分かりやすいマニュアルが用意されていますから、専門知識がなくても簡単にメニューの変更が可能です。

もし万が一、マニュアルだけではよく分からない、という場合でも、電話サポートサービスを利用いただければ、専門スタッフが親切に操作方法をお教えしますので、どうぞご安心ください。

ネット 複数ページのメニューを一括更新

それと最後にぜひお話ししておきたいのが、メニューの更新の手間についてです。

通常のホームページ制作に比べると、【あどばるHP】の場合、メニューの更新の手間が激減します。

例えば、30ページのコンテンツがあるホームページで、メニューの文言を変更することになりました。この場合、通常のホームページだと、30ページ全てでメニューの文言変更の作業を行う必要があります。

しかし【あどばるHP】の場合、「メニュー」という専用の「部品」を一カ所更新すると、それが全ページに反映されます。30ページで変更作業を行うのではなく、1カ所だけ変更すればいいのです。

従って、ページ数が多い場合は、こうしたメニューの修正や追加の手間が、従来とは比較にならないくらい軽減されます。