なぜ格安でホームページが作成出来るのか

弊社の【あどばるHP】の費用がなぜこんなにも格安なのかをご説明する前に、なぜ通常のホームページ作成の費用が高額なのかについて、少し考えてみましょう。

◇平均的なホームページ作成費用

著名なホームページ作成会社10社に見積もりを依頼し、その平均をとったところ、こんな結果になりました。

ホームページ作成会社の見積もり(10社の平均)】  

初期費用  月額費用 
HP作成のディレクション費  10万円  月額更新費用  5.5万円 
トップページデザイン   8万円  レンタルサーバー  0.5万円
ページ作成
30ページ * @1.5万円) 
 45万円    
フォームCGI作成
3フォーム * @5万円) 
 15万円    
 合計  78万円  合計  6万円

耳慣れない用語が並んでいて分かりにくいかもしれませんが、「合計」欄をみて下さい。

上記のように、30ページ程度本格的なホームページを作成しようと思うと、初期費用として78万円月額費用として毎月6万円ものホームページ作成費用がかかってしまいます。

もちろん会社案内程度の簡単なHPなら、もっと低価格で作成できます。

しかし商売に活用するために本格的なホームページを作成するつもりなら、これくらいの費用は覚悟しなければいけません。

とはいえ、そもそもなぜ こんなにもホームページ作成の費用が高い のでしょう?

 

労働集約的なホームページ作成

ホームページの作成費用が高い のは、決してホームページ作成会社が法外な費用を請求しているからではありません。ホームページ作成という仕事そのものに問題があるのです。

ホームページを作成する場合、まず最初に「デザイン」を考えます。トップページの色や形を考え、おしゃれな画像を配置して、全体の「みてくれ」を整える作業のことです。

ここで問題になるのは、この「デザインの作成」が「お客さん毎の個別対応」だということです。

お客さん毎に毎回、一からデザインを作成しますので、どうしても手間がかかってしまいます。いわばオーダーメイドのスーツのように、お客さんごとに個別の作業が必要なため、費用が高くなってしまうのです。

それともう一つ、ホームページの「ページ数に比例して、作業の手間がかかる」ことも、ホームページ作成費用が高くなる 原因です。

ホームページというのは、自動でページが作成される訳ではありません。デザイナーと呼ばれる技術者が、1ページ1ページ手作りで作っていきます。しかもその作業がすべてオーダーメイドの個別作業ですから、ページが増えれば増えるほど、それに要する手間も増えてしまうのです。

だからと言って、お客さんがホームページの作成を代行する訳にはいきません。ホームページの作成には専門スキルが必要ですから、どうしても技術をもった「単価の高いデザイナー」に頼むしかないのです。

そしてページ数が増えると、そのページ数に比例してデザイナーの作業時間が増えてしまい、結果的にHP作成会社から請求される費用も高くなってしまうという訳なのです。

このようにホームページ作成の費用が高いのは、

  • お客さん毎に「オーダーメイド」でデザインを作成すること
  • 単価の高い専門デザイナー」に作業を依頼する必要があること

が、その理由なのです。

未来永劫この状態が・・・

しかもこうした状況は、ホームページが完成した後も続きます。

HPの変更として、例えば・・・

  (1)「価格」の変更

  (2)説明文の修正

  (3)写真の差し替え

  (4)ページの追加

 

季節にあわせてデザインを変更したくなることも・・

商売をしていると、頻繁にホームページの更新が必要になります。新商品の発売や価格の改定、季節にあわせたキャンペーンの実施等、ホームページの変更は日常茶飯事です。

でもホームページの内容を修正すると、そのページ数に比例して費用が発生します。単価の高いデザイナーに作業を依頼する訳ですから、毎月4〜5万円の費用は覚悟しなければいけません。

その上ホームページのデザインを変更しようと思うと、またもや高額な費用が必要になります。

季節が夏から秋に変わったから、それにあわせてホームページの色を変更しようと思ったら、それこそ一大事。オーダーメイドのデザイン変更費用として、何十万円もの費用がホームページ作成会社から請求されてしまいます。

このように、ホームページ作成においては、初期に高額な費用が必要なだけではなく、それ以降も毎月、高額な費用が必要になってしまうのです。

先ほどの表でもご説明したように、初期費用として「76万円も必要です。

そしてそれ以外に、月額費用として毎月「6万円もの追加費用が必要なのです。

1年12ヶ月で、12 x 6 = 「72万円」。

2年だと、「144万円」もの費用がランニングコストとして必要で、これが未来永劫つづくのです

もちろん高いホームページ作成費用を払ったとしても、売上がそれに比例して増えれば問題ありません。

でも、高いホームページを作成したからと言って、それがすぐに売上につながる訳ではないのは、ご存じの通りです。

まさに、八方ふさがりの状態・・・・・。

ビジネスブログ型ホームページの登場

しかしながら、近年の技術進歩が、こうした状況に救いの手をさしのべてくれました。

先ほどもお話ししたように、ホームページ作成の費用が高いのは、

  • お客さん毎に「オーダーメイド」でデザインを作成すること
  • 単価の高い専門デザイナー」に作業を依頼する必要があること

というのが理由でした。

逆にもし、

  • オーダーメイドではなく、あらかじめ用意された「デザイン」から選ぶようにする
  • 専門デザイナーに依頼しなくても、自分でホームページの作成ができる

ということが可能になれば、ホームページ作成の費用をずいぶん安く抑えることができます。

スーツをオーダーメイドすると高いのは当然で、既製服なら安くなります。

「デザイン」も同じで、オーダーメイドではなく、既存のデザインの中から選べば、コストはそれほどかかりません。

また、単価の高いデザイナーにホームページ作成を依頼するから高いわけで、自分でホームページの作成ができれば、費用はかかりません。

そして、こうした考え方を技術的に可能にしたのが、「ビジネスブログ」という最新技術です。

ビジネスブログというのは、個人が日記を書くときに利用する『ブログ』を商売に使えるように機能追加した『最新型のホームページ』で、従来のホームページに比較するとさまざまなメリットがあります。

格安費用の理由 : テンプレートを活用してコスト削減

一般に、一級建築士を雇って個別に設計する「注文住宅」ではなく、ある程度規格化された「建売住宅」なら、住宅の建築費用はずいぶんと安くなります。「建売住宅」ならお客さんの要望をある程度取り入れながらも、多くの部分を共通化して建築することで、コストを大幅に下げることができることでしょう。

実はビジネスブログでもテンプレートという技術を使うことで、同じようにコストを下げることができるのです。

従来のホームページ作成では、お客さん毎に一件一件設計しますから、どうしてもコストが高止まりします。

しかし我々の【あどばるHP】サービスでは、事前にホームページの「テンプレート」という共通部品を準備してあります。このテンプレートを利用することで、個別の設計部分をなるべく少なくし、コストを大幅に引き下げることが可能になったのです。

先ほどの「通常のホームページ作成」が「オーダーメイド」だとすれば、弊社の【あどばるHP】は「レディーメイド」です。「注文住宅」あるいは「オーダーメイドの紳士服」の代わりに、事前に用意されたパターンから選ぶ「建売住宅」や「既製服」のイメージなのです。

汎用的なホームページのテンプレート(共通テンプレート)を利用すれば、お客さん毎に一から作成しなくても済みますから、作成の工数は随分と少なくなります。テンプレートを利用することで、従来のホームページ作成に比較すると、90%以上工数を削減することが可能となりました。

従来型HPとあどばるHPのコスト比較090621.jpg

自分で更新できれば、ランニング費用がかからない

一方、弊社の【あどばるHP】を利用すると、専門知識がなくても、自分でホームページの更新が行えます。

自社でホームページの更新を行うことができますから、当然ホームページの更新費用はゼロ円となります。

通常、コンテンツの更新をこまめに行うと、毎月10万円以上の費用を作成業者に支払う必要がある訳ですが、その費用が一切かからなくなるのです。

このように、【あどばるHP】を利用すると、初期費用、および月額の更新費用に関して、大幅なコストを削減することができるのです。

「ホームページ作成のテンプレート」を利用すること、そして自分でホームページを更新することにより、格安費用でホームページを作成、運営することが可能なのです。

◇さらなる低コストを追求・・・

しかも【あどばるHP】の場合、「低コスト」を徹底的に追求しました。

営業マンを置かず、費用対効果の高いインターネットだけで販促する。担当デザイナーがお客さまの所をご訪問するのではなく、電話とメールを活用して作成を行う。

こうした工夫により、少しでも格安費用でホームページ作成サービスをご提供できるように努力を続けております。

小さく始めましょう

さて、一般的にホームページの作成業者は、最初から「大規模なホームページ」を作りたがります。

最初からたくさんのコンテンツを用意して、何十万円、何百万円もするホームページを作成した方が、ホームページ作成会社の売上はアップします。そのためどうしても、初期費用のかかる「大きいホームページ」にお客さんを誘導しがちなのです。

でも、最初から多額の費用を投資するのは考え物です。

多くの経営者は、ホームページをどう活用すれば売上げにつながるのか、最初はほとんどノウハウを持ち合わせていません。そんな状態でホームページに多額の投資をしても、お金をドブに捨てるようなものなのです。

最初の内は少額の投資で試行錯誤して、ホームページ活用のノウハウを蓄積すべきなのです。何十万円・何百万円もするホームページをいきなり作成するのではなく、小さくてもいいから、なるべくホームページ作成の料金を低額に抑えてホームページを立ち上げるべきなのです。

そして、そのホームページが商売につながったら、徐々に投資額を増やしていけばいいのです。「小さく始めて、大きく育てる」アプローチの方が、中小企業には向いているのです。

その代わり、少しでも早くホームページを立ち上げましょう。最初から100点満点を目指すのではなく、5点でもいいから早く始めましょう。早く始めて、徐々にノウハウと蓄積していけばいいのです。

我々は、最初から大規模なホームページを目指すのではなく、「早く小さく始めて、大きく育てる」ホームページを目指しています。小規模なホームページでノウハウを蓄積し、ビジネスに貢献できると確信できた段階で、新たにコンテンツを充実させて行けば良いと考えているからです。

そのためにも「格安費用のビジネスブログ」にこだわりました。「早く小さく始める」ためには、低価格のホームページ作成サービスが絶対条件だからです。