特長1 誰でも簡単に更新できる

【あどばるHP】なら、社内にインターネットに詳しい人材がいない中小企業でも、自社で簡単にコンテンツの更新が行えます。

ネット ホームページ作成業者に作ってもらうと、自社更新は不可能 
ホームページを運営する場合、商品によっては季節の変化や価格の変更、あるいは営業戦略にあわせて、定期的なコンテンツ(ホームページ内容)の更新が不可欠です。

と言っても、その更新作業を外部のホームページ作成業者に頼むと、それなりの更新費用が必要になります。

1ぺ一ジあたり「3万円」程度の更新費用がかかりますから、ちょっと真面目にコンテンツを更新しようとすると相当のコストを覚悟しなければいけません。できれば更新費用は払いたくないですから、「自分でコンテンツの更新を行いたい」と多くのかたが考えます。でも現実的には、ホームページ作成会社が作ったコンテンツを、自社で更新するのはほぼ不可です。ホームページ作成業者の利益の源泉は、定期的なコンテンツの更新です。当然、簡単に素人が更新できるようなホームページを作ったりはしません。お洒落な画像や、くるくる回るアニメーションを駆使して、「決して素人が更新できないホームページ」を作り上げてしまうのです。

ひとたび作成業者にホームページを作ってもらったが最後、自社で更新することは未来永劫不可能となってしまうのです。

ネット 自作ホームページも更新が大変 
それなら作成業者に頼むのではなく、いっそのこと「自社でホームページを作ろう」と、多くの経営者が考えます。しかし実は、これもまた一苦労。ホームページを自作するには、一定の「ホームページ作成スキル」が必要です。「HTML」や「CGI」といった専門知識や、「ホームページ作成ソフトの操作方法」を身につける必要があります。

しかもホームページを自作した後も、そのホームページの更新に相当の手間がかかります。

23ぺ一ジのコンテンツを追加するだけで、丸一日かかってしまった、ということも決して珍しくありません。仕事の合間にコンテンツ更新に何時間もかける必要があるわけですから、忙しい経営者にとって相当の負担になってしまうことでしょう。

また社内で自作した場合、ホームページの「デザイン」が「素人っぽい」という問題もあります。お客さんは複数のホームページを比較しますから、同業他社と比較された場合に、「素人っぽいホームページ」では他社に大きく見劣りしてしまうかもしれません。

ネット 【あどばるHP】なら、更新が簡単 

でも、【あどばるHP】なら、更新がとにかく簡単です。

従来の自作ホームページで必要だった、「HTML」や「ホームページ作成ソフト」といった専門スキルがなくても、コンテンツ(内容)の更新が行えます。メモ帳やワープロソフトでコンテンツの原稿を作って、それを管理画面にコピーするだけで、コンテンツの更新が行えるのです。

しかも、更新にかかる手間も激減します。原稿を作る時間を除けば、コンテンツの更新は原稿を「コピー」するだけですから、従来のように「2〜3ページのコンテンツ更新に1日かかる」というようなことはありません。

また【あどばるHP】なら、弊社の専属デザイナーが作った「デザイン」を利用して、「企業らしい信頼感あふれるホームページ」を作ることができます。

作成会社に頼まずにホームページを自作した場合、どうしても「素人っぽい」ホームページとなってしまい競合他社に見劣りしがちです。しかし【あどばるHP】なら、他社に見劣りしない「企業らしい」ホームページを作ることができるのです。

ネット 【あどばるHP】はなぜ更新が簡単なのか??  

ところで、なぜ【あどばるHP】を利用すると更新が簡単なのでしょうか。

【あどばるHP】では、「テンプレートという「ホームページのひな形」を元に作成します。プロのデザイナーが事前に準備した「テンプレート」をもとにして、お客様専用のホームページを立ち上げるのです。

そしてこの「テンプレート」の中には、ホームページ作成に必要なほとんどの要素が事前に設定されています。

自作ホームページを作る場合、例えば「100」の作業を行う必要があるとするならば、そのうちの「70」くらいを、このテンプレートがカバーしてくれるイメージです。従って【あどばるHP】を利用してホームページを立ち上げる場合、あなたが作業する必要があるのは残りの「30」だけということになるのです。

HP制作時間比較.png 

 しかも、この「30」のうち、「28」くらいは必ずしも作業する必要がありません。この「28」に関して特に問題なければ、「デフォルト設定」で、事前の設定内容が自動的に適用されるのです。

あなたが必ず行わなければいけないのは、残りの「2」の部分、すなわち「コンテンツのタイトル」と「コンテンツの本文」を登録する作業だけになります。このコンテンツの「タイトル」と「本文」をワープロソフト等で事前に作成し、それをビジネスブログの管理画面にコピーすることだけが、あなたに必要な作業となるのです。

コンテンツの「タイトル」と「本文」をワープロソフトで作るくらいだったら、キーボードが触れる人だったら誰でも作業が可能です。メールが送信できる程度のスキルさえあれば、誰でもコンテンツの更新ができるのです。

このように、自作ホームページだったら「100」くらいの作業が必要なのに対して、ビジネスブログの場合はたった「2つ」の作業だけで更新が行える訳なのです。

そしてデフォルト設定が利用できる「28」の作業については、管理画面から簡単に設定作業が行えます。例えば、SEO(検索エンジン対策)用の設定を行いたい時は、「HTML」の知識がなくても、管理画面で簡単に作業することができるのです。

ネット 一般のビジネスブログは難しい

ところで、こうした「初心者でも困らない更新サポート」が、一般のビジネスブログサービスに最も欠けている点です。

多くのビジネスブログサービスは、「Movable Type」というソフトを利用してサービスを提供しています。ところがこの「Movable Type」というソフトはアメリカ製のソフトで、しかも元々「プロむけ」に提供されたソフトでした。

そのため各種マニュアルが、「英語」か、あるいは「分かりにくい翻訳日本語」で書かれています。しかも「プロ向け」のツールですから、マニュアルの内容が「専門用語オンパレード」で、普通の人が読んでもチンプンカンプンです。

その上、このMovable Typeは「プロ向け」のツールですから、管理画面も「プロ仕様」。一般の人が使いこなすには、相当高度なスキルが必要とされるのです。

こうした理由で、残念ながら「Movable Type」を利用した一般のビジネスブログの場合は、自分で更新するハードルがかなり高いかもしれません。